SDGsを意識した消費、価格3割増までなら許容

AdverTimes(アドタイ)宣伝会議が...
SDGsを意識した消費、価格3割増までなら許容 若者は5割と回答 | AdverTimes.(アドタイ) by 宣伝会議 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションと立教大学教授で消費研究を行う斎藤明研究室は、SDGsを意識した消費活動に関する調査結果を発表した。調査はインター...

NTT系列会社と立教大学教授が、SDGsを意識した消費活動に関する調査結果を発表しました。

SDGsの認知度は年々高まっていますが、SDGsに対して好感を持っているのは未だ約半数であり、SDGsを意識した消費経験は約3割に留まっています。

ただこの調査結果で重要と感じたのは、その3割の人たちにおいて、

「“SDGsに貢献することによる価格増加“に対して、3割増までなら負担できる」

と約9割が回答したことです。

特に今後の消費のメインとなっていく若者層(18〜25歳)は“5割増まで“と回答した割合が高く、今後より一層、その傾向は進むと感じます。

SDGsに関わる中で

「SDGsへの取組み」=「負担増加(利益減少)」

と考えている企業・経営者に出会いますが、この結果からも感じ取れるように、流れはその逆ですよね。😊

SDGsに積極的に取組むことが、企業自体の持続性につながると考えます。🤗

住み続けられるまちづくりを
つくる責任つかう責任
産業と技術革新の基盤をつくろう
住み続けられるまちづくりを

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次